介護士求人トップ > 特集トップ > 土日休みの介護士求人特集

土日休みの介護士求人特集

特別養護老人ホームやグループホームには1年中利用者がいるため、施設としての休日はありませんが、働く側は土日くらい休みたいところです。一方、デイケアや訪問介護は週末を休みとする企業も多く、土日休みを条件とする求人が数多くあります。土日休みの仕事ですと、オンとオフの日がはっきりするため、1週間をリズム良く過ごせますし、プライベートの予定も立てやすくなります。昨今は、介護職不足の状況下ですから、一般企業と同じように「土日休み」「週休2日」を掲げる介護施設も増えています。ご自身の希望に合った就職先を探してみましょう。

土日休みの介護士求人の特徴

土日休みの介護士求人の特徴

point1求人の探し方
土日休みが条件の求人は数が少なく、比較的人気もありますので競争が激しいのが現実です。病院の介護助手など、特に人気の高い職場を希望される場合は、希望に合った求人が出てくるまで、じっくり探す覚悟をしましょう。なお、デイケアや訪問介護といったほかの業種では、週末に利用者のご家族が自宅でケアをする場合が多く、土日休みを選択できることも多いようです。

一方、スタッフ間で休みを調整するシフト制を敷くホームなどは、毎週末を必ず休みにすることは難しくなります。なお、土日休みは働く側の条件(希望)になりますので、給与面などでは不利に働くこともあります。大きく稼ぐのではなく、「平日の空いた時間を使う」「介護職に復職する際のステップにする」といったスタイルで探してみるのもいいのではないでしょうか。
point2日曜日のみ休みの求人もチェック
介護施設は、土曜日は営業しているが、日曜日は休みにしているところも多くあります。特に、デイサービスや訪問介護施設は、日曜休みのところがほとんどです。 もし、土日休みの求人がなかなか見つからないという人は、「日曜のみ休み」の求人まで、範囲を広げてみるのもひとつの手です。例えば、「土曜日は隔週で出勤」といった交渉も面接時にすることができると思いますので、自分の中で妥協できる部分を作っておくといいですよ。
point3就業先施設について
土日休みの求人を募集している施設は、おもに【デイサービス】【デイケア】【訪問介護】となります。これは、土日を定休日とする施設が多いためで、24時間365日、ずっと入居者がいる【特別養護老人ホーム】などとは違い、そもそも利用者が存在しませんので「土日は休日」ということになります。正規・非正規といった雇用形態や職種には関係なく、確実に週末を休める点が特徴です。

土日休みの求人は、どちらかというと小規模な施設や企業が多く、職員も少数精鋭の場合がほとんどです。給与や福利厚生などの待遇面はもちろん、職員1人あたりの担当人数やフロア数、仕事の内容が大手とは異なる場合もあります。週休2日という条件だけでなく、実際の職場環境をしっかりチェックしておきましょう。

なお、複数の施設を運営している比較的規模の大きな企業の場合は、就業後、土日出勤の職場に異動になる可能性もあります。そういった企業を選ばれたときは、事前に「土日休み」の条件をきちんと伝え、理解してもらうことが大切です。

土日休みのメリット・デメリット

メリット
毎週土日を休みにすることで、家族や友人との時間をしっかり作れることが最大のメリットです。連休ができることから、小旅行や土曜日夜間の外出も可能で、プライベートの時間を大切にしたい人にとっては、就職の第一条件にもなるでしょう。こういった職場は、休日出勤の心配がないことでストレスも溜まりにくく、離職率の高い介護職の中でも恵まれた環境であるといえます。そして、この条件での求人数は増加傾向にあり、職種も地域も広がっています。

夜勤やシフト制で休みが固定されない仕事に比べると、給与がやや低いこともありますが、「お金」と「休み」を天秤にかけて後者を選ぶ人にはデメリットはない、と言い切ってもいいでしょう。

土日休みの介護士求人が
向いている人

●土日はできるだけ仕事を休みたい人
子育てや介護、パートナーなど家庭の事情、あるいは自分自身の都合で、土日はできるだけ仕事を休みたい人には必須の条件です。
●プライベートを充実させたい人
一般的な企業は週休2日制のところがほとんどですから、これらの企業で働く友人と予定を合わせやすくなります。その結果、不規則な働き方と比べると、圧倒的にプライベートが充実します。
●ワークライフバランスを取りたい人
平日はフルタイムでしっかり働き、週末は家族や友人との時間や、旅行・スポーツなどの趣味の時間に充てることができます。
●メリハリある生活を送りたい人
平日は仕事、週末が連休という固定スケジュールになりますので、オンとオフの切り替えがしやすく、リズムのいい1週間を過ごせます。

介護士のイラスト

ご利用者の声・コンサルタントの声・よくある質問

「ベネッセ介護士お仕事サポート」
ご利用者の声

  • ●子供の行事や運動会、父親参観などは土曜日のことが多く、冠婚葬祭は土日に重なることがほとんどですので、家族との時間を充実させるために土日休みの仕事を紹介してもらいました。
  • ●慢性的な残業や休日出勤に悩んでいましたので、まずは派遣で平日に働くという勤務形態を選びました。施設によっては、その後、正社員採用という流れもありますから、社員希望の方にもメリットのある働き方だと思います。
  • 派遣の介護職は、残業や休日出勤がなく、無理なく働けるケースが多いようです。もちろん、勤務先にもよりますので、そこは事前にしっかりチェックしました。
  • 面接時、土日は働けない旨をきちんと伝えました。それでも「大丈夫」と言ってくれた施設を選びました。

「ベネッセ介護士お仕事サポート」
コンサルタントの声

コンサルタントイメージ

土日休み限定で勤務される場合、ご家族やご友人との時間を作りやすく、休日の予定を充実させることができます。また、医療・介護以外の職業の方々と、旅行などの予定を立てやすくなることも魅力です。

「ご主人や奥様のお休み、お子様のお休みである土日は家族と過ごしたい」「週末は友人と会いたい」。そういった声は、利用者の方が24時間・365日いらっしゃる施設で働く介護職の方々からも多く聞かれます。募集する施設側もそういった事情は理解していますので、週休2日の求人も増えています。ご希望に合ったお仕事を、多くの求人情報の中からご紹介いたします。

デイサービスや訪問介護は、夜勤なし・残業が少なめ・土日休みといった条件を提示する業者が多く、仕事とプライベートを両立しやすい職場になっています。また、これらの施設には基本的に介護度の低い利用者が集まるため、じっくり介助スキルを上げていきたい方や、資格を取り立てで実務に自信がない方もチャレンジしやすい環境といえます。また、訪問ヘルパーから施設の介護職員を目指す方のステップとしてもおすすめできます。

よくある質問(Q&A)

Q:条件交渉が苦手です。代わりにやってもらえるのでしょうか?

企業とはさまざまな交渉をしますので、「土日は必ず休む」「日給はいくら以上」といった希望は、ご遠慮なくコンサルタントにお伝えください。また、ご自身では聞きにくい質問については、コンサルタントにお任せいただいたほうが回答を得やすい場合もあります。

Q:勤務後、休日出勤が必要となることはあるのでしょうか?

例えば、同僚が急病になってしまったなど、万一の場合に土日出勤をお願いされるケースはあるかと思いますが、最初に土日が働けない理由をしっかりと伝えておくことで、無理強いをされるようなことはありません。条件交渉が苦手という方は、ご遠慮なくコンサルタントにお伝えください。また、どうしても土日出勤が難しいという方は、週末がお休みの施設をお選びになることをおすすめします。

1分でカンタン登録 無料エントリーはこちら

ベネッセMCM コンサルタントおすすめ求人