INTERVIEW vol.2

転職活動を通じて仕事のやりがいを実感。前向きにスキルアップに励んでいます。

介護職安田 敏夫さん

数学講師、小売店勤務、看護助手を経験。病院での看護助手をきっかけに介護職に興味を持ち、現在は有料老人ホームに勤務。ご入居者さまとの日々のコミュニケーションにやりがいを感じながら、介護技術の向上と資格取得を目指している。
株式会社ベネッセスタイルケア ボンセジュールはるひ野ご勤務

最初、介護職に挑戦しようと決めたきっかけは何だったのでしょうか?

私の話し方や雰囲気の印象なのか、周囲から「介護の仕事をしていそうだね」と何度か言われたことがあり、以前から興味は持っていました。また、前職は病院で看護助手をしていたのですが、患者さまからの「ありがとう」の言葉がとても嬉しかったことが印象に残っていて。それで、資格取得と介護の仕事に関して一から学べる職場を見つけようと思いました。
ベネッセMCMに登録したのは、中学生まで「進研ゼミ」をしていたので、「ベネッセ」が身近な存在だったからです。勤務地や現在の資格取得状況だけで検索できる点も便利でしたね。

転職の際、何か条件や希望はありましたか?

新たなチャレンジでしたので、まだ住んだことのない新天地で、まっさらな状態からスタートしたいと思っていました。それも、都会から少し離れた場所ですと、仕事にも専念できます。給与など他の条件は特にこだわりがなかったのでそのように伝えると、登録した当日中に電話があり、すぐに3つの施設を紹介してもらい面接へ行きました。
その中でも、資格取得制度が整っていて、社員教育に力を入れていたり、いくつも施設(ホーム)があって介護では大手の法人を選び、面接に行きました。

転職活動で印象に残っていることはありますか?

登録会の時にはまだ、やりたいことや希望条件もあまり明確ではなかったのですが、コンサルタントの方と話をするうちに、何を目的に、今後どのように仕事をしていけばよいのか考えるようになりました。実は前職の看護助手をしていた際、患者様のご家族から「何か資格を持っているのですか?」と聞かれた際に「まだ勉強中です」としか答えられなかったことが、心に残っていたのですね。先ほどの「ありがとう」の言葉をもらえることが嬉しいということ、そしてどうしたら恒常的に、その「嬉しさ」や「楽しさ」を仕事にしていけるのかということ。きちんと介護の資格を取得し、現在の職場である「有料老人ホーム」という職場で働く、という選択肢はベネッセMCMに登録するまで考えたことがなかったので、選択の幅が広がったことは大きかったと思います。
転職活動中は、履歴書やそれに貼る写真など、細かいことまでチェックしてもらいました。正解を知っているであろうコンサルタントの方に話が聞けるというのは心強かったですね。

面接ではしっかり私の目を見てきちんと話をきいてくださるホーム長や人事の方とお会いし、その姿勢に感動して、「この人のもとで働きたい!」と考え、入職を決意しました。

運命的な出会いがあったのですね。
では、その現在お勤めの有料老人ホームでのお仕事や雰囲気はいかがでしょう?

食事、排泄、入浴の三大介護のほかに、今までの生活スタイルから楽しかったことや興味のあること、ご家族のご要望などをまとめ、ご入居者さま一人ひとりに日々を楽しんでもらう「重点プラン」を決めて、それに沿ったケアをしています。
職場は年齢層が幅広く、常勤では8割以上の方が5年以上のキャリアの持ち主。「なぜ、それをするのか」をしっかり説明してくださるので、毎日気づきがたくさんあります。一通りのことは教わったので、私自身も新人のOJTを担当し、教えることで学ぶ楽しさも味わっています。
また、ホーム長が主導し、スタッフが主体となって開いている「元気プロジェクト」というスタッフが集う食事会もあります。定期的に開催されていて、最近はBBQをしました。普段は顔を合わせる機会が少ない職員ともたくさん話せて、関係性ができていくのが嬉しいですね。それがまた仕事にも良い影響を与えていて、とてもフレンドリーな雰囲気で仕事ができていますよ。

前向きに仕事に取り組まれていますね。特に、どんな時にやりがいを感じますか?

ご入居者さまとの意思疎通が図れたときが何より嬉しいです! 前職の病院では、医療行為の助手という仕事の属性からか、食事の介助もおむつの交換もどうしても“作業”という感じになりがちでしたが、現在は丁寧に説明して同意を得たり、意向を聞いたりすることが大切なんです。声の大きさやトーン、表情によっても、コミュニケーションの質はがらりと変わります。とても細かいことの積み重ねなのですが、先輩に教わりながら、試行錯誤して日々取り組んでいます。
たとえば、認知症で突然怒ったり泣いたりする方と意思疎通ができたということは、自分の技術も活き、その方にきちんと伝わったということ。学んだことの結果が出た達成感と喜びがあります。

学んだことをしっかり活かされているご様子。今後さらにチャレンジしたいことがあるともお聞きしました

ご入居者さまのお役に立てたり、意思疎通ができたときの喜びは、本当に得がたいものです。仕事の「喜び」をもっと感じられるように、資格や立場という対外的な信頼も必要だと思いますし、それにプラスして、積み重ねた経験や裏づけによる、自分の内面から出る自信も大切だと思っているので、両方の側面からアプローチしていきたいです。
特に、資格は身につけた技術が認められた証なので、どんどん取得したいです。職場では資格取得支援制度がありますし、無料で学べる技術研修会も毎月あります。今月から私も参加する予定なので、どんな技術が学べるのかすごく楽しみなんですよ。
他に、ベネッセスタイルケアでも研修や試験対策のサポートをしてくれるので、いろんな制度を活用しながら学び続けていきたいですね。
そして、最終的にはご入居者さまの人生の喜怒哀楽をも共感でき、共有できる人になりたいです。

私の目標は、常に楽しく働くこと。「楽しく」というのはラクをすることではなく、「ありがとう」と感謝の言葉をもらうことなんです。感謝の言葉をいただくには、ベースとなるスキルをもっと磨くことが必要。お金のためではなく、自分が大切にしたいことのために成長していきたいです。

その前向きな姿勢は、転職活動を通じて得られたことも大きかったように思います

一人の転職活動では得られなかったものもあったように思います。コンサルタントの方も、ただ就職先の紹介や条件だけでなく、「私がどうしたいのか」を尊重してきいてくれたため、「なぜその会社でないといけないのか」「なぜその仕事でないといけないのか」、自分の内面を見る機会となり、結果、今後の自分の人生を見つめ直すきっかけになりました。しっかり自分を振り返るステップも応援してもらい、とても心強かったですね。「就職後も何かあったら必ず相談してください」と言ってもらったり、実際、仕事でうまくいかないことがあって落ち込んだ時もあったのですが、そのときも相談にのってもらって励ましてもらったこともあります。
ですので、今回の転職を通じて、人間的に成長することができたのではないかなと感じています。自分の話を最後まで聞いてくれて、温かい言葉をかけてくれる自分以外の誰かがいると、前向きに頑張る気持ちが湧いてきますよね。まだまだ頑張りたいなと思っています。

お仕事探しを無料でサポート!

登録は無料!1分でカンタンエントリー ご登録後の非公開求人も紹介可能です。

登録は無料!
1分でカンタンエントリー
ご登録後の非公開求人も紹介可能です。

「人」が財産であると考えるベネッセグループだからこそ、
ベネッセMCMではお一人おひとりの要望にあったお仕事探しをサポートします。